« 出水の鶴 | トップページ | 鹿児島★足湯天国♪ »

出水のツル★絵本

2年前に出水ツルを見に行った時に

売店で絵本を見ました。

子供用だと思うんですが、読んで売店で

立ったまま号泣(;_;)

そのときは買わずに帰ったのですが、

後からどうしても気になっていたので

今回は買いました!

14_12

本屋で注文してもよかったんだけど、

どうしても現地で買いたかったの(*^^*)

絵本の中身を見せるのは著作権上ダメだと思うんだけど

すごく感激したので、ちょっとだけ・・・(^^;)

これは出水のツルを一人でずっと保護活動をしてきた

オジサンの視点から書いた実話です。

戦前、ツルは出水にたくさんいたんだけど、

戦争が終わって戻ってみると・・・

15_7

死んでるぅ~~~~~~(;_;)(ノ_・、)(p_q)

この次点で立ったまま、号泣

戦争で戦闘機が飛び交っていたのでツルも

越冬しに来なくなって数が激減したんだそうです!

それから、ツルが戻ってくるように

餌付けを試みたけど・・・

16_8

ツルが餌付けに慣れずに、農作物を荒らして

地元の農家はツルに批判的だった・・・

しかし田んぼにエサを普通に撒くと、カモやカラスが先に

食べつくしてしまい、ツルが食べれない・・・

なんとか出来ないものか!?と試行錯誤の結果・・・

17_7

砂利を敷き詰めて、そこへエサの小麦を撒けば

くちばしの長いツルしか食べれない!(*゜▽゜*)!

一緒に保護活動をしていた岡田さんと言う方は

志半ばで亡くなってしまったそうで・・・見せたかったなあ(;_;)

18_5

北海道の丹頂鶴は一年を通しているそうですが

鹿児島県出水市のツルは渡り鳥です。

こんな遠くロシアから何千キロも飛んで来るんですね~。

別のページにはロシアのツル保護団体と視察にきたり

お互いに保護の意見交換をしたりした場面もあります。

19_4

そして、ツルは一生夫婦が添い遂げる話の決定版!

一羽のオスが羽根を怪我したので保護施設で療養する事に。

すると小屋の外を離れず、仲間の帰行が始っても

一緒に飛び立たないメスがいました。

数日間、小屋の前でメスは留まっていましたが

諦めたかのように最後の仲間と一緒にロシアへ飛び立ちました。

すると・・・・・

20_4

次の年、まっさきにあのメスが、オスのいる小屋へ

飛んできたのです!! (;_;) 号泣

なんて深い夫婦愛でしょう~・・・

書いてても泣けるあやぽんです(ノ_・、)グス

絵本にはもっとたくさんページがあって保護活動の内容やら

どんな経緯があったかなど詳しく書いてあります。

子供用なのにすごい!と感動しました。

この保護のオジサンは30年以上一人でやってたんだけど

昨年、老齢のため、保護活動を後輩に託して引退。

感動をありがとう(*^^*)

さて鹿児島と言えば、温泉天国ですが。

21 足湯♪

足湯天国でもあります。(笑) (焼酎天国もね♪)

霧島神宮にも無料の足湯があり、、道の駅たるみずには

日本一長い足湯があります(60m以上?100人くらい入れるよ)

最近はスーパーやら病院やら、っ空港にも!

ほとんどが無料です。

有料のところは、100円でタオルを借りるだけ。

22

足の弱い私には、買い物で疲れを癒せるので嬉しい♪

ただし、このご老人たちに割り込むのはちょっと勇気が・・(^^;)

終わったらスッキリするよ♪

タオル持参をわすれずにね(*^^*)

出水のツルと足湯天国に(*^^*)♪

Cat's paradiseの*miekoさんは美味そうな辛い鍋だぜ!

|

« 出水の鶴 | トップページ | 鹿児島★足湯天国♪ »

お気に入りの本」カテゴリの記事

コメント

へーへーへーーーー!!!!!
ツルにはそんな壮大な歴史があったんですね!
これは子供に読ませたら絶対いいですね☆
おっきい本屋に行ったら見てみよう!
近所にはショボイ本屋さんしかないから(笑)

足湯もいいなー!!!
大阪じゃありえへん光景・・。うらやましいー!

投稿: emishimo | 2007/03/06 17:37

鶴は日本の宝ですもんね。ヒマラヤを越えてロシアへ、高度は8000m以上だって、登山家の本で読んだのだ。すごい力で健気で優しい、鳥さんもやるもんだね。めおと話で泣けるとはご夫婦仲良しですね?うちもそうですよ。

投稿: みゆき楽団みゆき | 2007/03/06 19:46

そちらにはツルの集まる場所があるんですね~
また東北のほうだけかと思ってました(お粗末!)
この絵本、子供向けだろうに、きちんと詳しくかいてあるんだね、立ち読みで泣けちゃうって、よほどなんだろうなぁ~・・・きっと私も号泣しちゃうかも・・・
うちの実家のそばには白鳥の集まる川があって、やっぱり餌をやってます。たくさんが集まると圧巻だよね(^○^)それに鶴は声も大きいしね♪
よかったね~鹿児島はいいところだねぇ~^^

投稿: かとちゃん | 2007/03/06 21:38

あやぽんさんのお話を読んでいて泣いてしまった・・・。
渡り鳥って言う言葉に既に弱いし・・・。
一生懸命飛んで来るって思っただけでもう感動しちゃいます。
絵本、私も大好きでついつい買ってしまいます。子供用と言っても、絵と短い文章で直球で心に入って来ますよね。

投稿: barai | 2007/03/06 22:26

この岡田さん、亡くなってしまってもコノ成功を
ドコかで見て、喜んでたわね、きっと!!
子供たちには是非こういう素敵な絵本をたくさん
読んで欲しいなぁ ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

日本一長い足湯、かなり興味があるぞっ!!

投稿: さくらmama | 2007/03/06 23:05

お久しぶりです(*^▽^*)ウヒョ
動物奇想天外?見ましたよぉ!!
たくさんの鶴さんたち♪
そんな感動的な絵本があるんですねぇ~(・0・。) ほほーっ
ところで足湯…いいですね…
こっちでは温泉なんてほとんどないし…高いし…
羨ましいですっっっ((o(>皿<)o)) キィィィ!!

投稿: りっこ | 2007/03/07 00:30

ウ~~~・・・泣けます^^;

歳をとると 涙腺ゆるくて・・・

「道の駅」って あったら寄りたくなりますよね。そこに 足湯なんてあったら 最高ですね^^

投稿: ronmama | 2007/03/07 11:45

こんにちは~。
うっ。泣きそうになります。(T△T)
農家の皆さんだって死活問題だから、
批判的にならざるを得ないでしょうし、
保護のオジサンだって必死ですよね。
それを乗り越えたときの喜びは一言では言い表せなかったことでしょう。Σ(T▽T;)

うちのにゃんずにも読んで聞かせたいわ♪

投稿: びっち | 2007/03/07 12:05

◆emishimoさんへ◆
ついつい面白いので足湯特集しちゃいました(笑)鹿児島では本当にどこにでも?あるんですよ~♪それだけ源泉が豊富なので無料でやってて客寄せってのが普通です♪
温泉好きにはたまらない♪
出水のツルも多大な苦労をして一万羽まで増やしたんですよ~(;_;)
この本マイナーだから大阪あるかな?



◆みゆき楽団みゆき さんへ◆
いやん夫婦仲良しが一番ですよね♪
ツルは本当に日本の宝だな~って思います。戦争で死んでしまったなんて辛くて。
でも保護活動があるのでこうして増えてるけど日本有数ならもっと政府がしっかり保護対策を取って欲しいと思います。結構素人って感じで実際に現地で見るとサクとかボロボロで・・・。



◆かとちゃんへ◆
子供用だけどほんっと詳しく、保護活動とかロシアとの連携とか書いてあるよ!
私、動物モノの本ってヨワイからダメなの~すぐ本屋でも泣いちゃう(;_;)
白鳥!!キレイだよね~♪
餌付けなら慣れてるかな?
私も近くでエサあげたい~(*^m^*)



◆barai さんへ◆
泣けましたか?(*^^*)
私も書いてて泣いてました(笑)
だって一年たってもちゃんとオスの小屋を覚えて一番先に飛んでくるなんて!
私も絵本好きで買いたいけど高いですよね?
この本も1600円くらいします。
だから古本市とかで安く買ってます♪
将来子供に見せたいなと・・・(^^;)



◆さくらmamaさんへ◆
そうそう、この本は全国の小学校に置いて欲しいですね。ツルの大切さ、保護活動など戦争のこともあるし。
日本一足湯、面白かったので載せたよ~♪



◆りっこさんへ◆
テレビ見ましたか!よかった(*^^*)
タイムリーな話題だと思って(笑)
実は1月に行ったのに画像が多くて面倒だったので載せてなかったのです(^^;)
ちょうどよかった・・・
温泉、鹿児島では昔からある銭湯っぽくてきちゃないけどすごく安いのが本当に近所でもそこらへんにたくさんありますよ(笑)
うちの近くだけでも10軒くらいは・・
そして自宅のななめ前も温泉です!



◆ronmama さんへ◆
そうなの、私も年を取って涙もろくて。
動物モノはすぐに泣いちゃいます(;_;)
足湯は鹿児島はどこにでも?あるし好評だから客寄せのためにどんどん増えてますよ♪
ぜひ遊びにきてください♪



◆びっちさんへ◆
泣きそうでしょ?(;_;)
だって実話なんですよぉ~!
ツルを見ると絵本を思い出します。
いつか生まれるかも?!な、子供に
見せてあげたいです(*^^*)

投稿: あやぽん | 2007/03/07 17:07

佐渡のトキも、野生に帰すには、
農家の方の協力がないとダメなんだって。
自然との共存って、本当に大変だよね。
あやぽんさんも、動物ものは号泣なのね。
私もダメ。
こんな地球にしてしまった人間として、
世界中の生き物に、
「ごめんなさい、、ごめんなさい、、ごめんなさい」

投稿: こけもも | 2007/03/07 23:01

◆こけももさんへ◆
トキかあ・・・もうヤバイよね(;_;)
今までいたのになんでいない状況を作り出してしまったんだろうってホント人間って勝手な生き物だよ。今はたくさん来てるツルを大事に育てていかないとね(*^^*)

投稿: あやぽん | 2007/03/07 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出水の鶴 | トップページ | 鹿児島★足湯天国♪ »